パドリングを効率よく行うために

パドリングの仕方

 サーフィンを始めたばかりの人がぶち当たる最初の壁がパドリングです。この教材はパドリングを効率的に行うために、その根本的な問題を解決するところから始まっています。

 

 普通のハウツー本やサーフィンスクールではこの問題に触れることはありません。

ですので、いくらパドリングの方法を教わったところで役に立たないということになってしまいます。まず解決しておかなければいけない非常に重要なこと、それについて詳しく書いてあります。

 

その問題が解決したら、いよいよパドリングの効率的な腕や手の動かし方について学びます。私は過去にトライアスロンをやっていたことがあり、それも30歳をすぎてから始めたものですので水泳のクロールについて基礎から徹底的に研究しました。その経緯から見えてきたものは、サーフィンのパドリングも水泳のクロールと基本的に同じということです。

 

 しかし決定的に違う部分があって、そこが重要なポイントでもあります。この教材のためにオリジナルの動画を作成し、その重要ポイントについて詳しく解説しています。これを知らなければ、効率のよい速いパドリングはできません。

 

 その意味で、サーフィン・ビギナーだけではなく、中級以上を目指す方にも必見の内容となっています。